2014年1月17日金曜日

誰もが出来ることを誰も出来ないくらいにやる


谷中 康洋
為替トレーダー
http://ameblo.jp/minnadeyaru/
高校卒業後、1年間プロの競輪選手を目指しプロに弟子入りするも試験に落ち、潔く諦め佐川急便に入社。
21歳で通信事業の会社を設立&倒産。
その後清掃業関連の会社を設立し、再度倒産。
お世話になっていた社長から投資を勧められ25歳で金融業界に転身。
ベンチャー投資をメインにIPO、株、外国債等、時代の流れに従って金融商品を選んで投資活動を行い、金融全般を勉強し投資の基本を学ぶ。
現在は運用を人に任せるだけではなく、自分自身で運用を行う、トレードをメインに投資。
その他、自分が投資で生活出来るようになるまでの経験を生かして、将来に不安を抱えている方、複数の収入を得たい方等を対象に、投資のアドバイスやトレード手法などを教えている。

…そのことを始めた大きなきっかけとは…
お世話になっていた社長(先輩)から投資の話をよく聞かされていたのですが、いつも可能性を感じていました。
先輩から「70万投資してみないか。」と言われ、私は思い切って投資をしました。あのときは手が震える思いで投資した事を覚えています。
他の仲間は警戒したのですが、私は、<どこか試されている>そんな気がして、1歩踏み出しました。
25歳から本格的に色々な投資をしたのですが、初めこそよかったものの、その後は失敗続きで悩んでました。
専門的な知識があるわけでもなく、周りで誰かがやっているわけでもなく、とにかくしっかりと勉強をしたいと思っていました。
そんなとき、ある投資の失敗から債権者集会に出席したところ、同じテーブルの方が話しかけてくれて、僕の悩みを受け止めて頂き、かばん持ちをさせて頂く事になりました。
給料が出るわけでもなく、住むところも、食べるものも、何も保証がないところに、スーツケース1つ持って東京に出てきたのが、本当に大きな転機でした。
でも、いつチャンスに恵まれるかわからないから準備だけはしておきなさいと、ある成功者の方に言われてたので、貯金もしてありましたし、チャン スを掴めたのかと自分で思っています。
 保証のないところに飛び込む勇気を持てたのは、1歩踏み出して、そして結果がついてきていたからだと思います。
70万円をあのとき出して、そして人生が変わった経験があったからこそ、今回もまた1歩踏み出せたんだと思っていました。

<その人を信じるということの勇気>を与えてくれたのが、投資を進めてくれた先輩でした。
そして、その先輩はどこまでも僕の面倒を見てくれていたんです。
一緒のテーブルで僕に話しかけてくれた方は、先輩のビジネスパートナーで、僕の事を聞いていたそうです。だから、話かけてくれたとのことでした。
そしてその方の元で1年勉強して、徹底的に投資の基本を教わりました。
人生の転機は常に人との出会いの中にありますね。


…そんな彼のこれからの夢 そして伝えたいこと…
世界50ヶ国を旅してわかった事があります。
それは私達日本人は日本人というだけで、もの凄くお金持ちで裕福であるということ。
さらに教育の機会が平等に与えられ、最新の医療も受けることが出来ます。
外から見た日本は本当に素晴らしい国で、そして心優しい豊かな国なんだなと感じました。
そんな日本をしっかりと後世に残していくことが自分の使命だと思っています。
それと同時に、恵まれない環境に生まれて来た人達に対して何か特別なことはしなくても、
自分の生まれて来た日本で<一生懸命、夢を持って精一杯生きる>ということが、
先進国に生まれた私たちの責任だという事を多くの人に伝えていきたいと思います。

Yasuhiro Yanaka


<一生懸命、夢を持って精一杯生きる>  彼のこの言葉には彼の全てが詰まっているような気がします
何度失敗しても諦めず、また挑戦する、そこに在るのは一生懸命生きるという彼の真っ直ぐな気持ちと揺るぎない強さ。
一つ一つのことを一生懸命、誰もが出来ることを誰も出来ないくらいにやってきた彼だからこそ
<生きる>ことに<夢>が繋がり、年を重ねるごとに輝きを増しているのでしょう。

彼との出会いにより、また多くの人へ<生きる>ことに<夢>が繋がり溢れていきますように…

0 件のコメント:

コメントを投稿