2011年3月25日金曜日

ニシカワサン、カニ食ベ?


李 文義。

中国料理人。

彼との出会いは、2年半と少し前。俺がオーストラリアから帰国した直後、伊豆のホテルで働きだした23歳の頃でした。

もう40も手前。インターシップのような形で中国から日本へ。元々日本語を勉強していたわけではなく、勉強したのは来日の1ヶ月前で。

いつ、何がきっかけで仲良くなったのかは忘れました。初めの頃は日本語の楽しい、嬉しいの意味も分からず、分かる言葉はトマト、魚、寿司、包丁など、料理に関することだけ。英語もできない彼と意思疎通はとても難しく、なんとか分かるように話そうとしたり、身振り手振りで、自分の日本語も片言で話してました。

したい、の「たい」の説明をしたところ、「鯛」と同じことからなぜか、喜び、「たい、たい」を連呼していたのを覚えています。

ニシカワサン、カニ食ベ?
は、西川さんカニ食べる?というお誘いの意味で、一番彼から言われた言葉です。
やたら食べ物を食べ?の誘いは多く、断っても勧めてくる。だから結局折れて食べてました。

文化や国民性の違いで、日本では当たり前、そうするべきだ、という概念は覆され、こっちに対しての配慮がない自己中心的な動きに、たびたび衝突。というかこっちが一方的に怒り、そして向こうは謝らない。そのうちまた話し出す。それを繰り返し。よくもまぁそれでも仲良くできてたもんだと、お互い「人」という面で何か思うところがあったんでしょう。

中国というものに真っ向からぶつかった1年ほどのおかげで、たいていのことは受け入れられるようになりました。

休みが合えば海へ釣りに誘われ、青い空、青い海に釣りに行き、ニシカワサン、ヘタと何度も言われ、
またお手製の中華料理を何度も部屋で食べさせてもらい、莫大な量を作ってくれ、
お腹がいっぱいだと訴えても、まだ食べ?食べ?と勧めてくる。

伊豆で激しく地震が起こり、余震も数日続いたときも、初めこそ怖がっていたものの、
すぐにお気に入りらしい小田和正の歌を陽気に歌う。
意味を知らないまま、「ゆら~ゆら~ゆら~♪」と絶妙なタイミングで歌う。
意味を教えると、喜び、さらに歌う。
今、これを歌っていると不謹慎だと周りから大バッシングをうけるだろうから、歌っていないことを祈ります。

地震と言えば、なぜか部屋で「日本沈没」という映画を共に観ていたときのこと。日本が沈没していってしまう話なんですが、ぽつりと一言。
「ニシカワサン、ダイジョウブネ。」

「何で?」と聞き返すと、

「ワタシ、チュウゴク、イエ、アル。ニシカワサン、ダイジョウブ。」と。

あのときは嬉しかったよ、ほんとに。


実は彼の他にも中国人はあと料理人が2人、日本語の勉強をしている学生が研修で1年交代で6人ほどの入れ替わりもあり、日本人と一緒にいるよりも彼らと一緒にいる方が刺激的だったので、わりと中国まみれだった伊豆のホテルでの生活。

海外に旅に行かれたことのある方は共感して頂けると思いますが、異国の地は大変なことが多く、その中で親切にしてくれたときの嬉しさはこの上なく、その優しさの恩を返す意味でも、日本に来ている外国人には親切にしようと、心がけているところがあって、

だから彼らが何か困っていたら教えたり、話しかけたり、お世話もしたりとしている内に、
他人にはとても無関心でクールな中国の方々ですが、仲間や友達となると一転、情に厚くなんでもしてくれるので、本当に色々とよくしてくれました。

結果、学生たちの自分にとっての弟分、妹分は総勢15名ほど。もうみんな帰国してるのですが、おそらく青島に行けば無一文でもしばらく生きていけるでしょう。

ホテルの息子の、別の料理人の人には、うちのホテルなら何泊でも無料で泊まって良い、そして何かあったら中国の俺のホテルで働けば良いと、誘ってくれ、

先ほどの李さんは2年後、中国に帰ったら家族と中国大陸を旅行するから一緒に行こうと誘ってくれ、お金は一切出さなくて良いよと俺に言ってくれる。


中国に帰ったら、大連で店を出すという彼のお店に、ご飯を食べに行く、というのも俺の一つの夢。


中国。色々言われてますが、本当に彼らはあったかくて良い人たちです。

中国のイメージ。確かに正直あまり良くないし、国民性も自分中心でウルサイ、というところも確かにある気もします。

でも個人的に思うことは、

中国の中の「人」ではなく、その「人」の中に中国がある、この考え方の違いだけな気がします。

国あっての人ではなく、人あっての国。国民性はその人の中の一部。中国人という、国で人を判断するのは本当につまらなく、すべきことではないと。

どこの国でも良い人、悪い人がある。

どんな人でも良いところ、悪いところ、自分にとって好きなところ、嫌いなところがある。

仮に中国の国民性が嫌いでも、その「人」の中の自分にとって嫌いなところの一つに国民性があるだけで、他に好きなところがいっぱいあれば、トータルで「好き」が強ければ、それは自分にとって「好き」な「人」。


そんな中国という文化や習慣、考え方をいっぱいいっぱい教えてくれ、出会えた中国の朋友たちへ、、、
心から、、、真的謝謝。再見。



すぐに会える距離でも会いにいかなかったのは、あたたかくて居心地の良い場に甘えたくなかったからだよ。
この1年は、この地から動かず、見知らぬ土地でただひたすら頑張ろうと心に決めてた。

でももう1年。そろそろ会いに行こうと思う。良いよね?

またハグされるんだろうな、久々だから嬉しいわ。

また青い空に囲まれ青い海を眺めながら釣りをして、釣った魚を料理して食べさせてください。


‥もう一度、、、真的謝謝。

0 件のコメント:

コメントを投稿